PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
市環境審議会で第二次計画進ちょく状況説明

 市は19日、環境審議会の本年度第1回会合を市役所分館で開いた。事務局が2009年度からスタートした環境基本計画第二次計画の進ちょく状況を説明し、一層の低炭素社会づくりへ向けたいとした。任期満了に伴い、委員13人のうち、10人が新任。会長に福崎紀夫・新潟工科大環境科学科教授を選任した。

 第二次計画は「健全で恵み豊かな環境を保全し良好な状態で将来世代に継承する」を基本理念に、「地球温暖化対策」「資源循環型」「市民の参加と協働による環境配慮」など5つの基本目標によるまちづくりを据えた。各基本目標別に合計で33の指標を設けた。

 開会のあいさつで会田市長は「第二次計画の効率的・効果的な実現を図るため、環境審議会からの意見をいただきながら、施策・事業の進ちょく状況を把握し、『低炭素社会をめざすエネルギーと環境のまち』に向けて着実に推進していきたい」と協力を求めた。

 事務局の報告では、09年度の実績は住宅用太陽光発電設備普及件数が目標(13年度)260件に対し、214件。全市ノーマイカーデーは目標(同)50社・千人に対し、54社・1977人の参加だった。ごみの資源化率は目標(15年度)25.0%に対し、18.0%と順調に推移していることが分かった。

(2010/ 8/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。