PHOTOニュース

卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)


多くの行列をつくった高柳の飲食関係者が出店した「のれん街」=高柳町 高尾 (2024/02/26)

>>過去記事一覧
大和運送建設がコケ緑化の新規事業

 市内北斗町、大和運送建設(元井秀哲社長)はこのほど、省エネ対策として工場や住宅の屋上、壁面にコケ植物を用いた緑化システムの事業を開始した。コケの研究家で、コケ緑化によるヒートアイランド現象の緩和を提唱する山形市のモス山形、山本正幸社長のノウハウを、同社が新潟県内の総代理店として契約を結び、コケの栽培から加工、施工・販売を手がける。 

 使用するのは日なたでも良く育つといわれるスナゴケ。これまでの屋上緑化は芝生を張っていたが、コケは土が必要ないため、軽量化できるのが特徴。これにより、芝生では緑化できない場所や物でも可能だ。芝生の育成には従来、水やりが欠かせなかったのに対し、スナゴケは乾燥に強く、枯れたように見えても、雨が降れば再び緑が復活して十分育つ。

(2011/ 8/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。