PHOTOニュース

市内全中学校で行われた卒業式。卒業生は思い出や希望を胸に学びやを巣立った=4日午前、南中 (2024/03/04)


卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)

>>過去記事一覧
トラブル隠しから9年で所員集会

 2002年に東京電力の原発トラブル隠しが発覚してからちょうど9年となった29日、柏崎刈羽原発では、企業倫理の徹底を改めて確認する「8・29所員集会」が開かれた。信頼回復の途上で起きた中越沖地震により同原発は被災。4基まで復旧したが、今年3月には福島第一原発の事故が発生。原子力をめぐる情勢が激しく変わる中で「8月29日」を迎えた。 

 所員集会はトラブル隠し発覚の翌年から毎年開催。今年は東電社員と協力企業の代表あわせて約450人が構内体育館に集まった。あいさつした東電原子力・立地本部長の相沢善吾副社長は「不祥事の再発防止のみならず、より高い安全の確保のために引き続き努力を積み重ねていってほしい」と述べた。

(2011/ 8/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。