PHOTOニュース

豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)


感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)

>>過去記事一覧
柏崎原発の防潮堤を11月1日着工

 東京電力が福島第一原発の事故を踏まえた津波対策として柏崎刈羽原発で設置を計画している防潮堤について、東電は27日、準備が順調に進めば11月1日に着工を予定していることを明らかにした。今のところ、2013年6月の完成を目指しているが、天候などで工程に変動が出た場合は見直す。

 防潮堤は海抜15メートルの高さになるように建設する。総延長は約2.5キロ。1〜4号機がある荒浜側は鉄筋コンクリート擁壁と一部セメント改良土の盛り土で約1.5キロ、5〜7号機の大湊側はセメント改良土で約1キロとなる。 

(2011/10/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。