PHOTOニュース

感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)


3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)

>>過去記事一覧
鏡が沖中で1年生が綾子舞体験

 鏡が沖中(佐藤正人校長)の1年生が25日、同校で綾子舞の体験学習を行った。綾子舞は鵜川の下野、高原田集落に500年の伝承の歴史をもつ古典芸能。体験学習は南中校区で行っているが、それ以外で行うのは初めてだ。 

 1年生(120人)は総合学習で「地域を知る」をテーマに取り組み。20日に綾子舞会館を訪れており、今回の体験学習は次のステップとして、希望者約30人が参加した。常陸踊(高原田)を横田寿子さん、小切子踊(同)を植木トモエさん、常陸踊(下野)を高橋幸江さん、小原木踊(同)を曽田ミヨ子さんの4人が指導した。 

(2011/10/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。