PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
帆船「あこがれ」が連休に入港へ

 大阪市が所有する帆船「あこがれ」が5月4日から7日まで柏崎港に寄港し、一般公開や小学生による体験航海が行われる。

 「あこがれ」は日本で唯一、誰でも航海が体験できる帆船(3本マストのスクーナー)。完成は1993年。全長52.16メートル、マストの高さは甲板から約30メートル。総トン数362トン。一般や小学生などを対象に、帆を張ったりする操船体験が行われている。

 柏崎港は1971年7月に関税法に基づく開港指定を受け、国際貿易港としてスタートした。昨年度、市が開港40周年記念事業として、新潟市や長岡市とともに柏崎港への招致をしたが、東日本大震災の発生により中止になった経緯がある。

(2012/ 4/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。