PHOTOニュース

御弓始祭で神矢を放つ三嶋宮司=7日、市内西山町の二田物部神社 (2023/02/08)


工夫された雪合戦でも楽しんだ別俣スノーフェスタ=5日、旧別俣小 グラウンド (2023/02/07)


未明に搾られ、瓶詰めされた純米吟醸生原酒「立春朝搾り」=4日午前7 時ごろ、市内新橋の原酒造 (2023/02/06)

>>過去記事一覧
柏崎原発断層の厳正調査を要請

 東京電力柏崎刈羽原発の地盤・地質を専門家や元高校教員らで検討している「柏崎刈羽原発活断層問題研究会」(大野隆一郎代表)が、同原発の敷地と周辺の断層について、耐震安全性に大きく関わるとして厳正な審査・調査を求める要請書を15日付で原子力規制委員会に提出した。

 規制委員会は東電の申請を受けて昨年11月から、原発の新規制基準に基づき柏崎刈羽原発6、7号機の審査を開始。27項目の論点のうち地盤・地質関係では、周辺陸域・海域の断層の活動性を判断するための根拠を明示することなどを挙げている。

(2014/ 1/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。