PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
12月の柏崎市は84年以来の大雪

 市がまとめた昨年12月の降積雪観測記録によると、月合計降雪量は市内女谷・旧鵜川小で456センチ、同高柳町岡野町の高柳町事務所が441センチだった。最高積雪深は旧鵜川小230センチ、高柳町事務所で175センチ。県内の山間部や全国各地で12月の積雪記録の更新が伝えられる中、柏崎刈羽では「60豪雪」と呼ばれた1984(昭和59)年12月暮れ以来の大雪となった。

 市の維持管理課と高柳町事務所、西山町事務所による市内各地の合計降雪量(最高積雪深)は、三和町の県柏崎地域振興局で172センチ(44センチ)、元城町・総合高校130センチ(41センチ)、宮平・五中252センチ(95センチ)、女谷・旧鵜川小45六センチ(230センチ)。また高柳・西山地区では、池浦・西山町事務所119センチ(40センチ)、岡野町・高柳町事務所441センチ(175センチ)、磯之辺832センチ(330センチ)、門出530センチ(225センチ)、上石黒588センチ(225センチ)、板畑840センチ(295センチ)。

(2006/ 1/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。