PHOTOニュース

満員の会場から手拍子があり、一体感に包まれた自衛隊中央音楽隊の演奏会=アルフォーレ (2018/06/19)


一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)


大勢でにぎわうえんま市。容器が光る電球ソーダは子どもたちに人気の一つだった=15日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2018/06/16)

>>過去記事一覧
西川前市長が本を出版へ

 西川正純前市長(62)が、在任中の原発と北朝鮮拉致問題とのかかわりを中心につづった「4,383日の長の記」が幻冬舎ルネッサンスから出版されることになった。全国的に大きな関心を集めた2つのテーマを巡り、市長としての実際のやり取りや行動を自身の思いも交えて書いたという。2月下旬か3月初旬ごろ刊行の見込みで、一般の書店で販売される。

 西川前市長は1992年から2004年まで3期12年にわたって市長職を務めた。この間、東京電力柏崎刈羽原発は全号機が完成する一方、プルサーマル計画とトラブル隠しで地元は大きく揺れ、トラブル隠しは首都圏の電力危機にもつながった。また北朝鮮拉致被害者の蓮池薫さん・祐木子さん夫妻と子供たちが帰国し、国内外のメディアが市の対応に注目した。

(2006/ 1/ 6)