PHOTOニュース

市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)

>>過去記事一覧
市会一般質問は人数多く、3日間

 市議会2月定例会の一般質問の通告が28日締め切られ、18人が質問に立つことが確定した。会田市政発足直後の2004年12月定例会と並んで近年最多の人数。7日・8日に加え予備日の6日午後も一般質問に充て、3日間にわたって行われることになった。

 通告によると、市が06年度に策定する柏崎市国民保護計画について4人がただすほか、バイオマスタウン構想の策定、改正介護保険法、JR柏崎駅周辺整備と市街地活性化、子供の安全・安心対策など、06年度の施策や当面の重要課題を取り上げる予定だ。柏崎刈羽原発については、地盤・地震問題、制御棒のひび割れ、プルトニウム利用計画などを議論する。

(2006/ 3/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。