PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
桑名演劇塾が4日に柏崎公演

 柏崎市とは歴史の縁(えにし)に結ばれる三重・桑名市の市民らによる「桑名演劇塾」の公演(桑名市と柏崎市の交流を進める演劇公演実行委員会主催、内藤信寛会長)が4日、市民会館大ホールで行われる。今年の柏崎演劇フェスティバルを締めくくるもので、同時上演は柏崎演劇研究会(長井満代表)。演劇を通し、両市の交流を一層深め合う。

 柏崎は幕末までの127年間、桑名藩の所領だった。これを縁に、2002年には両市の友好の輪を広げるため、柏崎市から桑名市へ公式訪問した。翌年には桑名市から柏崎市への公式訪問が行われ、さらに交流を深めた。演劇公演は、大久保陣屋が取り持つ市民交流の第一弾となる。

 桑名演劇塾は1995年、財団法人桑名市文化・スポーツ振興公社の支援で立ち上がった。公募の市民と、同市の劇団すがおによる市民演劇として活動を続けてきた。上演作品は柏崎陣屋の役人だった渡部勝之助、国元の養父平太夫が交換日記としてつづった「柏崎日記」「桑名日記」をもとにした「幕末親子絆(おやこのきずな)」

(2006/ 3/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。