PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
西山の共同年賀に200人出席

 柏崎市との合併後、2年目の新年を迎えた市内西山町で4日、地元4団体主催の共同年賀が西山ふるさと館で開かれ、各集落などから約200人が出席した。

 主催は同町のコミュニティ推進協議会、地域協議会、JA柏崎西山支店、西山町商工会。主催者を代表し、小池弘・同推進協会長は「今年は36年に一度の金運に強い年と聞く。それぞれの発展に期待したい」とあいさつ。三富利郎区長は市の新年度予算編成で町区の個性豊かな地域づくりに配慮を求め、「町区の歴史、伝統文化、観光、地域活性化を図る上でお力添えを」と述べた。

(2007/ 1/ 5)