PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
柏崎駅周辺の未利用地活用で2案

 市は17日、まちなか活性化計画策定委員会(委員長=伊藤滋・早稲田大教授、委員13人)の第4回会合を柏崎商工会議所で開いた。昨年7月の第1回会合以来、JR柏崎駅周辺の工場跡未利用地の活用を中心に協議を進め、最終回となった。柏崎駅周辺での将来像として、住宅開発の導入、旧西川鉄工所(現サイカワ)跡地への市民会館の移転・新築を共通の基本方針としながら、それ以外の導入としては公共公益施設、大型集客施設を主要機能とする2つの案をまとめた。この日出された意見などを整理のうえ、年度内に報告書にまとめる。

 まちなか活性化計画は、コンパクトシティーの形成を念頭に、柏崎駅周辺の工場跡未利用地の整備、交通結節点である柏崎駅のあり方、南北自由通路、駅前広場のあり方、さらに柏崎駅周辺の限られた空間だけでなく、中心市街地全体のにぎわいの創出を検討するもの。策定委員会では、駅周辺の西川跡地(1・1ヘクタール)、日石加工跡地(7・8ヘクタール)、小松エスト跡地(6・1ヘクタール)の合計15ヘクタールの未利用地活用を中心に協議を進めた。

(2007/ 1/17)