PHOTOニュース

満員の会場から手拍子があり、一体感に包まれた自衛隊中央音楽隊の演奏会=アルフォーレ (2018/06/19)


一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)


大勢でにぎわうえんま市。容器が光る電球ソーダは子どもたちに人気の一つだった=15日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2018/06/16)

>>過去記事一覧
市綾子舞保存振興会が地域伝統芸能大賞

 財団法人・地域伝統芸能活用センター(瀬島龍三会長)の地域伝統芸能大賞の保存継承賞に、市綾子舞保存振興会(須田弘宗会長、会員数約60人)が選ばれた。表彰式は今年7月28・29日、長野県で予定される第15回地域伝統芸能全国フェスティバルで。

 同センターは1992年に成立した「地域伝統芸能等活用法」に基づき、地域の観光促進、商工業の振興などを目的に活動している。地域伝統芸能大賞は93年の創設。団体・個人を表彰しており、綾子舞保存振興会はその活動が高く評価された。

 同振興会は58年、当時の須田武盛・黒姫村長を会長に発足し、69年に市との合併で現在の名称になった。この間には、綾子舞が国の重要無形民俗文化財指定を受けるなど、一貫して、保存振興に力を注いできた。こうした活動を通し、柏崎市の観光、商工業の発展にも大きく貢献している。

(2007/ 1/17)