PHOTOニュース

満員の会場から手拍子があり、一体感に包まれた自衛隊中央音楽隊の演奏会=アルフォーレ (2018/06/19)


一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)


大勢でにぎわうえんま市。容器が光る電球ソーダは子どもたちに人気の一つだった=15日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2018/06/16)

>>過去記事一覧
復興シール268万枚販売

 中越沖地震の復興支援の拡大と震災の風化防止を目的にシール販売事業などを展開している「まだまだっ!柏崎プロジェクト会議」(矢島博生会長)はこのほど、昨年9月5日のシール・ステッカーなど復興ツールの発売開始から年末までの販売状況をまとめた。

 震災地域内で使う「頑張ってます」シールは約93万7000枚、地域外で使う「応援してます」シールが約174万4000枚の合計約268万1000枚が売れていることが分かった。ステッカーは域内用約2400枚、域外用約8400枚の合計約1万800枚、のぼりは436セットを販売した。

(2008/ 1/10)