PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
「110番の日」PRで狐の夜回り

 1月10日は「110番の日」。柏崎署は前日の9日、署員7人が高柳の伝統行事「狐(きつね)の夜祭り」のお面と装束を身にまとい、JR柏崎駅と近くの仮設住宅で110番の正しい使い方をPRした。

 今年の「110番の日」統一標語は「緊急時 頼れるあなたの 110番」。同署で行われた出発式で、駒形署長は事件事故の緊急時には積極的に110番をしてもらうように広報することを訓示。仮設住宅では、狐に扮した署員が一軒ずつ訪問し、110番通報のチラシを配った。仮設住宅に入居する60代女性は「テレビなどでは知っていたが、初めて『狐』を見た」とびっくり。50代女性は「こうやって回ってもらってありがたい」と感謝していた。

 県警が昨年1年間に受けた110番通報は12万8706件。前年より5734件減った。このうち柏崎署関係分は逆に669件増の4975件。1日当たり13.6件で前年より1.8件多くなった。

(2008/ 1/10)