PHOTOニュース

信越本線の魅力を紹介したアニメ「とびだせ!信越本線―みんな乗んなせ、魅惑の路線」の前編トップページ (2022/01/25)


三角だるまに絵付けをする参加者。表情豊かな縁起物が出来上がった=22日、西山ふるさと館 (2022/01/24)


市地域農業再生協議会の水田農業推進部会の会合。2022年産米の生産数量目標を決めた=柏崎農協会議室 (2022/01/22)

>>過去記事一覧
「110番の日」PRで狐の夜回り

 1月10日は「110番の日」。柏崎署は前日の9日、署員7人が高柳の伝統行事「狐(きつね)の夜祭り」のお面と装束を身にまとい、JR柏崎駅と近くの仮設住宅で110番の正しい使い方をPRした。

 今年の「110番の日」統一標語は「緊急時 頼れるあなたの 110番」。同署で行われた出発式で、駒形署長は事件事故の緊急時には積極的に110番をしてもらうように広報することを訓示。仮設住宅では、狐に扮した署員が一軒ずつ訪問し、110番通報のチラシを配った。仮設住宅に入居する60代女性は「テレビなどでは知っていたが、初めて『狐』を見た」とびっくり。50代女性は「こうやって回ってもらってありがたい」と感謝していた。

 県警が昨年1年間に受けた110番通報は12万8706件。前年より5734件減った。このうち柏崎署関係分は逆に669件増の4975件。1日当たり13.6件で前年より1.8件多くなった。

(2008/ 1/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。