PHOTOニュース

市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)


記念誌の発刊を喜び、お祝いの会を開いた「柏崎日記」を読む会会員=17日、シーユース雷音 (2017/11/18)

>>過去記事一覧
管内有効求人倍率が過去10年で最高

 柏崎公共職業安定所管内の昨年11月の有効求人倍率(パートを除く常用)は1.18倍で前月を0.07ポイント上回り、2006年2月と並び、常用としては過去10年で最高となった。

 求人倍率は求職者1人当たりの求人の割合で、景気動向を表す指標の一つとされる。有効求人数、有効求職者数はその月と前月、前々月分を含む。11月の管内の数値は前年同月と比べ、0.12ポイント高かった。県平均を0.17ポイント上回り、県内15安定所のうち、1.50倍の糸魚川、1.37倍の長岡に次いで3番目。6カ月連続で1倍を超えた。

 有効求人数は1243人、有効求職者数は1050人。新規求人は531人で前年同期より92人、前月より53人増えた。新規求職は246人で前年同月より61人、前月より68人減った。

 一方、雇用保険の受給資格決定は前月より40件減って95件。11カ月ぶりに3けたを下回った。受給者実人数は514人で前月より7人減り、前年同月より75人増えた。1件5人以上の企業整理は計上がなかった。

(2008/ 1/12)