PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
「ごはん・お米」作文で市内3児童が優秀賞

 第32回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール(全国農業協同組合中央会など主催)の全国審査がこのほど行われ、市内の3児童の作文が優秀賞に輝いた。県内からの受賞はこの3児童だけ。

 入賞したのは、枇杷島小3年・保坂樹君が書いた「さい高のおにぎり」、門出小5年・田辺航君の「自分でにぎった遠足のおにぎり」、門出小6年・村田武志君の「ネスパスでの米配り」。内閣総理大臣賞など特別賞10点には入らなかったが、全国4万1901点の中から、45点の優秀賞に輝いた。

 昨年10月の同コンクール新潟県大会の上位入賞作品が全国審査の対象となった。

(2008/ 1/26)