PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
「農林漁家民宿おかあさん100選」に中西さん

 市内高柳町荻ノ島のかやぶきの里で15年間、宿泊客らに食事の提供などをしている中西ユリイさん(75)が29日、「農林漁家民宿おかあさん100選」の第1回認定20人に選ばれた。県内からはただ1人。認定式は2月28日、東京・千代田区の都道府県会館で行われる。

 同100選は、内閣府や国土交通省、農林水産省などが進めている「都市と農山漁村の共生・対流の一層の推進に向けた府省連携施策」の一環。財団法人・都市農山漁村交流活性化機構が全国から募集し、選定した。農林漁家民宿の経営を成功させ、地域の活性化にも貢献しているオピニオンリーダー的な「おかあさん」を紹介して、良質で安全な民宿の拡大を図り、多くの国民に知ってもらうことが目的。中西さんは本県が推薦した。

 荻ノ島かやぶきの里は1993年7月のオープン。以来、中西さんは利用宿泊客に食事を提供するとともに、施設の掃除、浴衣やシーツの洗濯などすべての仕事をこなす。写生、写真撮影、ホタル観賞ポイントに案内したり、自然や農村文化の良さを知らせたりもしてきた。

(2008/ 1/30)