PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
市が公共施設管理基金を財調に組み替えへ

 市は、中越沖地震後の厳しい財政状況に対応するため、公共施設管理基金を財政調整基金に組み替える方針を固め、20日開会する市議会2月定例会に公共施設管理基金条例の廃止を提案することになった。今後、財調基金を大幅に取り崩して財源不足乗り切りを図るのは必至だ。

 公共施設管理基金は、電源三法交付金で整備した施設の維持管理に充てることを目的に、飯塚元市長時代の1991年度、公共用施設維持管理基金として積み立てを開始。次の西川市政では50億円を目標に掲げ、2003年度にこれを達成した。しかし、原発固定資産税の逓減など一般財源減少や中越地震の災害復旧の中で、会田市長に代わった04年度、使途を施設の建設・改修にまで広げて公共施設管理基金に再編するとともに、20億円を財調基金に回した。

 財調基金は今年度当初予算による5億円の取り崩しにより、2月補正予算前での残高が約17億円。公共施設管理基金は約27億円あるが、震災の復旧・復興関連での基金の減少や歳出に対処するには、施設に限定した基金を持っている余裕はないと判断。財源不足を補うことが目的の財調基金へ年度末をめどに組み替えたい考えだ。

(2008/ 2/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。