PHOTOニュース

春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)


見頃を迎えた里山のハナモモの花=15日午前、市内谷根 (2024/04/15)


青空の下、満開のソメイヨシノを楽しむ市民ら=13日午前、赤坂山公園 (2024/04/13)

>>過去記事一覧
演劇フェスティバルが幕下ろす

 柏崎演劇フェスティバル(市産文会館など主催)の最終回が24日、同館文化ホールで開かれ、今年の舞台の幕を下ろした。1月中旬から熱演の舞台が繰り広げられ、大勢の演劇ファンを楽しませた。

 フェスティバルは、市内のアマチュア演劇団体の活動発表、豊かな地域文化の醸成を目指した。14回目の今年も、多くの企業から協賛を得た。柏崎演劇研究会、同ジュニア部が円熟、フレッシュな演劇で初日の舞台を飾り、途中では中越沖地震の復興支援として塩沢(南魚沼市)歌舞伎保存会の公演もあった。

 最終回は、市内の劇団THE風・FOU(フー、猪俣哲夫座長)がロシアの劇作家、ニコライ・ゴーゴリーの「結婚」を上演した。結婚したいのに踏み切れないグズーキン、世話を焼くセワーヤキンが花嫁候補アガーフィアを巡って、ほかの花婿候補メタマーヤキン、カミーツキイと織りなす喜劇。キャスト、スタッフの息の合った舞台で観客を笑いで包んだ。

(2008/ 2/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。