PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
東芝が柏崎に新工場建設へ

 東芝は24日、新型リチウムイオン電池の新工場建設で柏崎市を第1候補地に決めたと発表した。2009年秋ごろ着工し、10年秋ごろ量産開始の計画。建設予定地の決定時期、建設スケジュールなどは今後の市場動向を踏まえて決める。

 新工場では産業分野で多様なニーズが期待される同社の新型2次電池「SCiB」を生産する。新型電池事業で同社は長野県の佐久工場で今年4月から量産を開始。リチウムイオン電池は小型軽量化によってパソコン、携帯機器の電源として使われ、電気自動車などにも搭載されている。

 同社の開発した新型電池「SCiB」は安全性、急速充電性能、長寿命性能、高出力が特徴。すでに電動アシスト自転車への採用が決まっている。機器の環境対応への期待などから需要が急増する成長分野と見て、第2量産拠点の整備に踏み切ることを決めた。

 投資額は数100億円規模と見られる。佐久工場では現在、月産15万個。第2工場建設で月産1000万個を目指す。同社によると、10年度以降、産業用と車載用のリチウムイオン電池の大幅な伸びが予想され、15年度には約1.7兆円の市場規模が見込まれる。同社は約1700億円の売り上げを目指す。

 県は、経済産業省が低炭素社会実現と関連産業の創出を目指し推進する「EV(電気自動車)・pHV(プラグインハイブリッド車)タウン構想」に柏崎刈羽をモデル地域の1つとして応募した。東芝は選定理由などについて「将来的に車載用への採用も目指す当社のSCiB事業と方向性が一致している。先行する佐久工場と近く、電源立地の助成制度などを総合的に判断した。雇用は100人規模を予定」と説明している。

 建設予定地は今後の検討によるが、会田市長は同日「用地は3.8ヘクタール。柏崎フロンティアパークを中心に候補を考えていると理解している」と報道陣に述べた。

(2008/12/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。