PHOTOニュース

3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)


人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)

>>過去記事一覧
「ごはん・お米」作文で村田さん大臣賞

 第33回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクールの全国審査(全国農業協同組合中央会主催)の結果がこのほど発表され、田尻小2年・村田陽香(はるか)さんの作文「わたしの田んぼ」が農林水産大臣賞に輝いた。表彰式は1月16日に東京で行われる。

;  村田さんの作文は、両親からプレゼントしてもらった市内大角間の棚田で、田植えから稲刈りまで、一連の作業を体験しての喜びと苦労、さらに自然の良さを記したもので、県の審査で最優秀賞・北陸農政局長賞を受賞。全国審査に進んでいた。

 受賞の知らせを喜んだ村田さんは、稲作りで1番楽しいことは秋の収穫、1番つらい作業は田んぼの溝切りだとし、「尻もちをついて、泥んこになった」と笑顔で話した。クラス担任の中村加奈教諭は初めて作文を読んだ時の感想について「豊かな体験を家庭の人とともにしていることに感動した。情景が目に浮かぶようだ」と語った。村田さんは日ごろ、自然や生き物に高い関心を示しているという。

(2008/12/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。