PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
韓国の正月をテーマに地球市民キッズ

 柏崎地域国際化協会が5日、地球市民キッズのウインタースクールを市民プラザで開き、「韓国のお正月」をテーマに、冬休み中の小中学生16人が参加した。

 この日は、韓国テグ市からの新潟産大交換留学生・張聖姫さん(21)が講師を務めた。韓国と日本の同じところ、違うところなどを話し、「子どもはどちらの国も明るくて同じだが、韓国にはランドセル、コイノボリがない。韓国の1番人気はクレヨンしんちゃん」などと述べた。

 韓国の民族衣装、チマ・チョゴリを着る体験に参加者の笑顔が広がり、張さんは「正月に韓服(ハンボク)のチマ・チョゴリを着て、スカートの中に、“福”をたくさん入れる」と説明。「セベ」といったお年玉のもらい方なども教わった。昼には、韓国の雑煮のトックを作り、張さん特製のチジミ、キムチなども味わった。

(2010/ 1/ 6)