PHOTOニュース

新固形燃料「RPF」プラントを視察する桜井市長(右)=21日、柏崎フロンティアパーク内の不二産業柏崎工場 (2017/11/22)


市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)

>>過去記事一覧
風速33メートル大荒れ

 冬型の気圧配置が強まり、柏崎地方は13日、雪と強風の大荒れの天候となった。

 市消防本部によると、午前10時ごろから雪と風が強まり、10時52分に最大瞬間風速33.0メートルを観測した。国道8号など市内主要道路では、風雪で視界が悪くなり、のろのろ運転の光景が見られた。

 JR東日本新潟支社では、強風のため県内各地の路線で列車の運転を見合わせたり、速度規制を行ったりした。正午現在、信越線では特急「北越」の上下線4本が運休、普通列車も上下線11本が運休した。越後線は始発から運転を見合わせ、上下38本が運休。

(2010/ 1/13)