PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
みなとまち海浜公園湾内に大きな砂州

 みなとまち海浜公園の湾内で16日前後から砂州が大きくなってきた。隣接するシーユース雷音の堀憲一支配人によると「湾内に砂が付くのは毎年のことだが、こんなに砂州が大きくなったのは初めて」という。

 この砂州に対し、同湾でマリンスポーツを楽しんでいる柏崎マリンスポーツ連絡協議会の関係者は「今はオフシーズンだが、春先までには砂州を取り除いてもらわないと危険で利用できない」と憂慮。同協議会は柏崎サーフボード連盟、柏崎ヨット連盟、柏崎ライフセービングクラブ、マリスクラブ柏崎の4団体で構成され、シーユース雷音内に事務室と艇庫を置く。

 県柏崎地域振興局では「湾内が浅くなってきていることは認識しており、3月には深さを調査することになっている」と話す。風や潮流の関係で、たい積した砂は移動しやすいため、推移を見て適切な対処を検討したい考えだ。

(2010/ 1/20)