PHOTOニュース

04年当時の高柳小、門出小5・6年生が書いた作文の入ったタイムカプセルを開ける今井さん(右)と高柳中1年生=市内高柳町栃ケ原 (2017/11/17)


最終試作機が完成した「いのちつなぐラジオ」。受信感度などを確認した=13日夜、市内東本町2のえんま通りトレーラーハウス (2017/11/16)


天候にも恵まれ、大勢の人が紅葉を楽しんだ松雲山荘ライトアップ=13日 (2017/11/15)

>>過去記事一覧
25日に学区等審、統合対象3校から要望書

 市教育委員会は25日、学区等審議会(会長=遠藤元男・新潟産大客員教授、委員数18人)の第18回会合を市民プラザで開く。同審議会による「市立学校の統合及び学区の見直し等について」の答申素案に対し、統合検討対象校のうち、3小学校区から要望書が出されており、これらの取り扱いをめぐって審議する。

 同審議会は2008年5月の設置以来、市内全小・中学校の検証、意見交換を踏まえ、昨秋、答申素案をまとめた。それを踏まえ、統合検討対象の9小学校区で意見拝聴会、パブリックコメント(市民意見)の募集を昨年暮れまでに行った。

 要望書は、高浜小校区の大湊、宮川、椎谷の各町内会、同校PTAの連名による同校を考える会から、二田小を統合先とする素案に対し「地元住民の意思を尊重し、荒浜小を統合先とする本答申を要請する」として出された。その後、門出小校区、石地小校区からも提出された。

(2010/ 1/21)