PHOTOニュース

生産者から出荷され、選別を待つタマネギ。鉄製の大きなかごには400キロ入る=刈羽村刈羽、柏崎農協集荷選別場 (2018/06/22)


江戸時代からの家族の歴史、農業の変遷を著書にまとめた今井長栄さん=市内岩上 (2018/06/21)


日本の勝利が決まり、肩を組んで喜ぶサポーターたち=19日夜、東本町1 (2018/06/20)

>>過去記事一覧
県ジュニア美術展柏崎展始まる

 県ジュニア美術展覧会・柏崎展(県教委、市教委など主催)が21日からソフィアセンターで始まった。県内各地の子どもたちの優れた作品がずらりと並び、初日から大勢の来館者でにぎわった。

 同展は今年で40回目。県内の幼稚園・保育園、小・中学校、特別支援学校から応募のあった約3万7300点の中から、審査の末、入賞・入選作品が決まり、県内巡回展として開かれている。

 柏崎展には、特賞の三中3年・内山みどりさんのコラグラフの技法による作品をはじめ、優秀賞9点、奨励賞78点の合計88点の入賞を含め、県内各地の幼児から中学3年までの作品2060点が並んだ。空想の世界、動物、運動会、人物、町並みなどを題材にのびのびと描かれ、中には貝殻、綿、毛糸などを張り付けた作品もあった。

 初日午前の会場で、新道小4年生らは「うまいね」「すごいね」といいながら、1点ごとにじっくりと見入った。

(2010/ 1/21)