PHOTOニュース

人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)


ロングラン利用者3人の作品を展示した本店ウインドー=柏崎信金 (2024/06/13)

>>過去記事一覧
人気野菜・オータムポエムは今が旬

 冷たい季節風と大雪の中、市内の農場や生産組合で今が旬の野菜・オータムポエムの生産、収穫作業を進めている。育苗用ビニールハウスは緑色の葉、鮮やかな黄色の花で包まれ、春を先取りしたような雰囲気だ。

 オータムポエムはアブラナ科の野菜で、茎の部分がアスパラガスの食感に似て、「アスパラ菜」とも呼ばれる。9月下旬から10月初めに種をまくと、加温をしなくても12月から翌年3月ごろまで収穫できる。稲の育苗ハウスを使い、緑黄色野菜の少ない冬場に収穫できることから、農家・生産組合の複合経営の一環として県柏崎地域振興局農業振興部が生産を推奨。市も地場特産品として「柏崎野菜」の1つに。市内では市農業振興公社をはじめ、西山町、中通地区、半田地区などの農場、生産組合で取り組む。

(2010/ 1/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。