PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
人気野菜・オータムポエムは今が旬

 冷たい季節風と大雪の中、市内の農場や生産組合で今が旬の野菜・オータムポエムの生産、収穫作業を進めている。育苗用ビニールハウスは緑色の葉、鮮やかな黄色の花で包まれ、春を先取りしたような雰囲気だ。

 オータムポエムはアブラナ科の野菜で、茎の部分がアスパラガスの食感に似て、「アスパラ菜」とも呼ばれる。9月下旬から10月初めに種をまくと、加温をしなくても12月から翌年3月ごろまで収穫できる。稲の育苗ハウスを使い、緑黄色野菜の少ない冬場に収穫できることから、農家・生産組合の複合経営の一環として県柏崎地域振興局農業振興部が生産を推奨。市も地場特産品として「柏崎野菜」の1つに。市内では市農業振興公社をはじめ、西山町、中通地区、半田地区などの農場、生産組合で取り組む。

(2010/ 1/21)