PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
元市係長に懲役1年6月、執行猶予付き判決

 市が発注した高柳診療所医師住宅の塀増設工事で、業者に工事代金を不正に水増しした見積書を作成させ、工事代金の一部を受け取ったとして、詐欺の罪に問われた元市建築住宅課審査係長・今井秀雄被告(50)=長岡市小国町千谷沢=に対する判決公判が25日、新潟地裁で開かれ、谷田好史裁判官は、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 判決で谷田裁判官は「一任されていた立場を悪用し、犯行は巧妙かつ悪質。公務員の信用を失墜させた」「計画的犯行であり、業者を共犯者に巻き込んだ」とし、業者から受け取った10万円についても「犯行後、全額パチンコなどに使うなど芳しくない」と指摘した。一方で「親族が市に10万円を被害弁償している。犯行を素直に認め、反省の態度を見せている。市から懲戒免職の処分を受けた」などと述べた。

(2010/ 1/25)