PHOTOニュース

柏崎県関係などの貴重な資料を収集した高橋克英さん。後ろは、収集のきっかけになった「越後府」から交付された軸=市内半田1の自宅 (2018/04/23)


協定書に調印した桜井市長とセブン―イレブンの坂口マネジャー(右から3人目)ら=20日、市役所市長応接室 (2018/04/21)


春風に舞い、大池を泳ぐこいのぼり=19日、夢の森公園 (2018/04/20)

>>過去記事一覧
青少年健全育成集会でネットいじめへ警鐘

 青少年健全育成大集会(市青少年健全育成市民会議など主催)が23日、市民プラザで開かれ、約400人が集まった。講師のメディア・ジャーナリスト、渡辺真由子さんが携帯電話などからのネットいじめの現状を語り、大人側のメディアリテラシー(情報が流通する媒体=メディア=を使いこなす能力)の重要性を訴えた。この日は、青少年の健全育成を目指し、集会宣言を決議した。

 冒頭、主催団体を代表し、山崎高美・同市民会議会長が「『子どもとメディア』をテーマにした集会は今年で6年目。子どもたちのインターネット・携帯電話の利用が社会的な問題となる中で、子どもを健全な大人に育てるため、私たち大人が学び、理解することが大切だ」呼びかけた。

(2010/ 1/25)