PHOTOニュース

04年当時の高柳小、門出小5・6年生が書いた作文の入ったタイムカプセルを開ける今井さん(右)と高柳中1年生=市内高柳町栃ケ原 (2017/11/17)


最終試作機が完成した「いのちつなぐラジオ」。受信感度などを確認した=13日夜、市内東本町2のえんま通りトレーラーハウス (2017/11/16)


天候にも恵まれ、大勢の人が紅葉を楽しんだ松雲山荘ライトアップ=13日 (2017/11/15)

>>過去記事一覧
内郷小でエコをテーマに児童会行事

 市内西山町、内郷小(池藤仁市校長、児童数90人)の児童会行事「ふたわっ子祭」が28日、同校体育館で行われた。今年のテーマは「エコ・リサイクル」。工夫したゲームを児童、地域の人たちが楽しんだ。

 同校では今年度、学校、地域、家庭が一体となり、空き缶リサイクルに取り組むなどエコ活動を進めており、恒例の児童会行事にもエコをテーマとして掲げた。児童は8つの縦割り班を作り、「紙くずバスケット」「紙飛行機飛ばし」「暗やみで宝探し」などのゲームを考え、来校した地域の人たちと一緒に元気よく楽しんだ。

 企画を中心になって進めた児童会総務委員会の6年・広川夏実委員長は「ゲームの景品をなくしたりして、できる限りごみが出ないようにした。段ボールなども減らし、リサイクルできる物を中心に使ったので、ゲームの内容がこれまでと違ったものになり楽しい」。3年生の孫に招待されたという同町池浦、中野一二五(ひふい)さん(65)は「初めて来たが、おもしろいものがたくさんあって、なかなか楽しい」と感想。池藤校長は「家に持ち帰る、後始末時間をしっかり確保するなどは新しい動き。楽しみながらの再利用からアイデアと工夫が生まれている」と話した。

(2010/ 1/29)