PHOTOニュース

日本の勝利が決まり、肩を組んで喜ぶサポーターたち=19日夜、東本町1 (2018/06/20)


満員の会場から手拍子があり、一体感に包まれた自衛隊中央音楽隊の演奏会=アルフォーレ (2018/06/19)


一中生徒会の呼び掛けで、保護者、地域の人らも参加した「えんま市清掃」=17日午前6時過ぎ (2018/06/18)

>>過去記事一覧
箱根駅伝で柏高―国学院の田中選手走る

 正月の伝統的なスポーツ行事、第87回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が2、3日に行われ、国学院大4年・田中光太郎選手(大潟町中―柏高)が1区(21.4キロ)を1時間4分24秒で走り、トップから2分2秒差の9位でたすきをつないだ。4年ぶり出場の国学院大は往路6位、復路13位で総合10位に入り、初のシード権を獲得した。

 箱根駅伝出場は、柏高出身者では第73回大会で1区を走った法政大の小林哲也選手(一中卒)以来14年ぶり。市内出身者としては、第83回大会で国士舘大1区の竹田祐選手(南中―中越高)以来だ。

(2011/ 1/ 4)