PHOTOニュース

三角だるまに絵付けをする参加者。表情豊かな縁起物が出来上がった=22日、西山ふるさと館 (2022/01/24)


市地域農業再生協議会の水田農業推進部会の会合。2022年産米の生産数量目標を決めた=柏崎農協会議室 (2022/01/22)


在日米国大使館のブヨン・リー1等書記官(右)と蓮池薫さん(左手前)、桜井市長による会談=20日午後、市役所市長応接室 (2022/01/21)

>>過去記事一覧
植木組がガス管更生工法を開発

 市内新橋の植木組(植木義明社長)はこのほど、低コストで、短時間に既存ガス管の長寿命化・耐震化を高めるGSP(ガスサーモパイプ)工法を名古屋市内の企業と共同開発した。

 開発した工法は、引っ張りに強い強化ポリエステル繊維の内外表面に腐食に強いポリエチレンをコーティングしたライニング材を、あらかじめ平らにつぶしておき、これを既設の管内に引き込み、蒸気とエアで拡張させて管の内側に密着。その後、常温で冷却・硬化させるというもの。

(2014/ 1/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。