PHOTOニュース

生産者から出荷され、選別を待つタマネギ。鉄製の大きなかごには400キロ入る=刈羽村刈羽、柏崎農協集荷選別場 (2018/06/22)


江戸時代からの家族の歴史、農業の変遷を著書にまとめた今井長栄さん=市内岩上 (2018/06/21)


日本の勝利が決まり、肩を組んで喜ぶサポーターたち=19日夜、東本町1 (2018/06/20)

>>過去記事一覧
柏崎原発断層の厳正調査を要請

 東京電力柏崎刈羽原発の地盤・地質を専門家や元高校教員らで検討している「柏崎刈羽原発活断層問題研究会」(大野隆一郎代表)が、同原発の敷地と周辺の断層について、耐震安全性に大きく関わるとして厳正な審査・調査を求める要請書を15日付で原子力規制委員会に提出した。

 規制委員会は東電の申請を受けて昨年11月から、原発の新規制基準に基づき柏崎刈羽原発6、7号機の審査を開始。27項目の論点のうち地盤・地質関係では、周辺陸域・海域の断層の活動性を判断するための根拠を明示することなどを挙げている。

(2014/ 1/18)