PHOTOニュース

21日から本格オープンするベーグルとクロワッサンの店「びわじまベーカリー」。右は飯塚社長=市内穂波町 (2017/10/18)


病院祭で実施されたドクターヘリによる患者搬送訓練。大勢の関心を集めた=14日、医療センター駐車場 (2017/10/17)


一般販売開始に先立ち、予約者に引き渡された県の水稲新品種「新之助」=14日、市内田中の愛菜館 (2017/10/16)

>>過去記事一覧
えんま通り商店街が「福豆」販売

 節分を前に、市内のえんま通り商店街(旧本町7丁目)で16日から、縁起物の「福豆」の販売を始めた。今年で6年目。同商店街の女性有志でつくるグループ「セブンさぽーたーズ・えんまの手鏡」(世話人代表・石川真理子さん)が取り組んだ。

 同グループは町内のシンボルの閻魔(えんま)様をもっと身近に感じてもらうために、イベントを通して発信していこうと活動を進めてきた。福豆の販売もその一環。受験生用に販売の「合格セット」とともに、閻魔堂で祈とうしてもらった。

(2014/ 1/18)