PHOTOニュース

砂丘地で育ったシャインマスカットを収穫するスタッフ=刈羽村ぴあパークとうりんぼ (2021/09/17)


佐渡が見渡せる絶好のロケーションの「佐渡見平コスモス畑」=15日、市内笠島 (2021/09/16)


10月4日の一方通行解除を知らせる市職員ら=市内四谷3 (2021/09/15)

>>過去記事一覧
西鯨波海岸への歩道橋架け替え

 海水浴シーズンを前に、市内鯨波3にある西鯨波歩道橋の架け替え工事が急ピッチで進められている。

 この歩道橋は、JR信越線旧線路跡の掘り割りをまたぎ、西鯨波海岸と市道13―1号線を結んでいる鋼鉄製の連絡橋。海水浴や釣り人の利用が多い。20年前に現在の橋に架け替えられたが、塩分を含む雨や風によって傷みが激しく、市では昨年秋から通行止めとしていた。

 6月27日に大型クレーンを使って傷んだ橋を撤去し、28日には新しい鋼鉄製のけたを架けた。今後、樹脂を注入した再生木材を使った床版や高欄の設置工事を進める。新しい橋の長さは16・5メートル、幅は1・3メートル。今月上旬の開通を目指している。

(2007/ 7/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。