PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
被災の原酒造に新蔵完成

 中越沖地震で全壊した酒蔵の再建を進めてきた市内新橋、原酒造(原吉隆社長)は24日、新しい蔵の竣(しゅん)工式を行った。こうじ作りを皮切りに、12月から新米で大吟醸酒の仕込みを始める。

 地震で同社は酒蔵5棟が倒壊するなど3分の2の建物が被災した。再建した酒蔵は鉄骨造り一部2階建て一棟延べ約1900平方メートル。工事は4月から行われてきた。1階は洗米、蒸し、搾り、仕込みの施設と温度調整機能付きサーマルタンク30基などの貯蔵庫、2階はこうじ室、休憩室などを備える。効率よく作業を行うことができるよう配置し、大吟醸、高級酒用のこうじ室を移設・拡充した。フル稼働で年間100万本の生産能力を回復する。

 竣工式の神事は同社、工事関係者ら約30人が参加。その後、県内外の来賓ら約150人が見守る中、玄関前でテープカットを行い、新工場の見学を行った。新蔵は「和の心で良酒を醸す」との意味を込め、「和醸蔵」と命名した。

 原社長(50)は「中核となる新しい蔵の完成により、地震前以上に万全の酒造りができるのはうれしい。当社も柏崎のまちも復興の途上だが、不屈の魂をもって、社員と新しい歴史を築いていきたい」と話した。

(2008/ 9/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。