PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
比角児童クラブに“夜回り先生”の文庫贈呈

 “夜回り先生”こと教育評論家・水谷修さんの協力による思いやり文庫の贈呈式が22日、比角小内の比角児童クラブ(利用児童55人)で行われた。日本青年会議所(JC)北陸信越地区協議会(山村和永会長)が水沢さんから託されたもので、子どもたちは目を輝かせ、早速本の世界を楽しんだ。

 思いやり文庫は、山村会長が長野・松本JC理事長時代に出会った水谷さんとの交流から生まれた。水谷さんは青少年の健全育成を推進しており、本を通して、地域の子どもたちが未来の夢を持ち、気づきが得られたらいい、との願いがこもる。

 水谷さんの思いに、小学館、講談社などの出版社も協力し、2007年には松本、上越へ文庫を贈り、本年度は地震被災地の柏崎、能登・輪島が選ばれた。寄贈は水谷さんの著書をはじめ、絵本や漫画、図鑑など幅広いジャンルに及び、全部で470冊。これを納める本棚も贈られた。

 贈呈式で山村会長は「本はいろいろなことを教えてくれる。ぜひ本を読んでいい大人になって、柏崎のまちをみんなでつくってほしい」、柏崎JCの植木盛久理事長は「放課後の時間に1冊でも多くの本を仲良く読んでほしい」と呼び掛けた。会田市長は「本をたくさん読んで元気になって」と復興への糧として喜んだ。

(2008/ 9/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。