PHOTOニュース

佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)


7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)

>>過去記事一覧
定額給付金、最短で4月1日から申請

 23日に開かれた市議会2月定例会・総務常任委員会で、国の定額給付金の支給について、柏崎市での作業見通しを当局が説明し、最短で3月末に市民に申請書を発送、4月1日から申請を受け付けたいとした。給付金の財源となる第2次補正予算の関連法案をめぐる国会の動向によっては遅れる場合があるという。

 定額給付金は、国が追加経済対策で打ち出した制度。市区町村を窓口に国民1人当たり1万2000円を給付するもので、18歳以下と65歳以上の人には8000円が加算される。基準日は2月1日。市は今市会で提案した本年度一般会計補正予算案に給付費と事務費あわせて14億9115万3000円を計上している。すべて国の負担だ。

 当局によると、市内対象者は今のところ9万3340人で、18歳以下は1万5303人、65歳以上は2万4721人。申請書は世帯主に送付し、申請は6カ月以内となる。支給は原則として口座振り込み。

(2009/ 2/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。