PHOTOニュース

3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)


人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)

>>過去記事一覧
市長・村長が柏崎原発視察

 会田市長と品田刈羽村長が1日、起動試験中の東京電力柏崎刈羽原発7号機を視察した。7号機は県・市・村が運転再開を了解したことを受け、中越沖地震後最初の再開号機として5月9日に原子炉を起動。同19日に発電を開始し、現在、出力約75%で試験運転を続けている。

 市長・村長の原発視察は7号機起動後初めてで、試験の様子を確認することが目的。高橋明男所長らの案内で同号機の中央制御室と、原子炉建屋、タービン建屋の各オペレーティングフロアを見た。また、事務本館で東電、協力企業の社員約300人にあいさつし、安全確認の要請などを行った。

 終了後、市長は「少しトラブルがあったが、対応策もとられており、今のところ順調に試験が進んでいると受け取った」、村長は「引き続きしっかりやってほしいと激励した。所員の皆さんの顔が明るかった」と述べた。営業運転移行前に地元として改めて安全を確認する時期や手法について市長は「知事と相談しなければならず、これから詰めていきたい」とするにとどまった。

(2009/ 6/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。