PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
中通小児童が学校の歴史を歩いて学ぶ

 今年で創立30周年の中通小(矢嶋繁子校長、児童数62人)は4日、全校遠足で旧校舎などを訪ね、学校の歴史を学んだ。

 同校は1980年4月、当時の中通小と五十土分校、吉井小を統合し、現地に新設開校した。遠足のコースは、同校を出発し、旧校舎跡地、曽地峠の明治天皇休憩跡地、成沢地区を通り、旧五十土分校までの往復約12キロ。全員が30周年に合わせてつくったオレンジ色の記念Tシャツ姿で、バックプリントは、校章の周りに花をちりばめた図柄と、今年の目標「めざせ あいさつ 日本一」の文字。

 遠足では、6年生が1年生の手を引きながら上り坂を一緒に歩いた。旧五十土分校(現中通コミセン東部分館)では、猪俣正・五十土町内会長(77)が「当時の分校の名残があるのは、この体育館だけ」などと語り、本校になかったプールがあったことや、ピーク時で約100人の児童がいたことなど統合前の分校の様子を伝えた。

(2009/ 6/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。