PHOTOニュース

高校野球新潟大会準々決勝で日本文理を破り、喜びを爆発させる産附ナイ ン=21日、エコスタ (2024/07/22)


ブルボンKZの選手と一緒に五輪応援献立を味わう児童=19日、北鯖石小 (2024/07/20)


高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)

>>過去記事一覧
柏工で全校挙げて防災教育

 2009年度から防災エンジニアコースが新設された柏工(小杉克彦校長、生徒数461人)で17日、地震と火災を想定した避難・消火訓練が行われた。

 同校は09年度、特色ある学校づくりを進める県教委の「オンリーワンスクール推進事業」の指定校になった。中越沖地震では施設・設備が被害を受け、周辺住民の避難所になっている。新設の同コースでは、災害時の電気・情報通信の確保などに加え、防災技術・知識の習得、地域貢献ができる人材の育成を図る。オンリーワン事業指定では、全校挙げて防災教育に取り組む。

 訓練は放送による地震音を合図にスタート。生徒は教室で待機後、火災発生の想定でグラウンドに避難した。発煙筒がたかれ、非常ベルが鳴り響いた。避難確認後、市消防署員は講評でハンカチ、タオルで口をふさいで逃げる心掛けを求め、「救助袋の使い方を覚えておけば、自分も人も助かる。消火器などを使い、消防車到着まで自分たちの学校を守ろう」と呼び掛けた。

 1、3年生はグラウンドで消火器を使った消火訓練、2年生は救助袋を使って3階からの降下訓練を行った。2年のクラス代表は3階廊下の設備カバーを開いて窓に救助袋をセットし、地上へ降下。他の生徒は屋外で見守った。降下した男子は「1度経験しておくと、次は慣れると思う」と話していた。

(2009/ 6/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。