PHOTOニュース

感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)


3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)

>>過去記事一覧
駅周辺南北跡地間に歩行者連絡橋を検討

 17日の市議会6月定例会・総務常任委員会で当局は、JR柏崎駅北側の日石加工柏崎工場跡地と南側の小松エスト跡地の間に、信越線・越後線をまたぐ歩行者専用連絡橋を新設したいとして、JR東日本新潟支社との事前協議をこのほど始めたことを明らかにした。

 日石加工跡地には新市民会館(仮称)、小松跡地には商業施設主体のコモタウン柏崎(同)の設置が計画され、南北を結ぶ主要路線が中央こ線橋しかない現状から、利便性向上が求められている。まちづくり推進室の説明では、東北電力柏崎営業所脇の市道の延長など車道の新たなアクセスは難しいと判断。主に高齢者などの歩行者向けに、防災上の避難通路も兼ねた連絡橋設置の検討に入った。JRの了解が得られれば、9月定例会の補正予算案に調査費を計上する。

(2009/ 6/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。