PHOTOニュース

3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)


人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)

>>過去記事一覧
広川さん、全日本フィギュアスケートへ

 23日から青森県八戸市・新井田インドアリンクで開かれる全日本フィギュアスケートノービス(小学生)選手権大会に、刈羽小5年・広川実沙樹選手(柏崎フィギュアクラブ)が出場する。同クラブからの出場は初めてで、県内からも10年ぶり3人目だ。

 広川選手はアイスホッケーをしている兄2人の影響を受け、3歳からスケートを始め、5歳からフィギュアへ。演技力をつけるため、バレエにも通い、小学1年から大会に出場した。今夏、フィギュアの登竜門と呼ばれる野辺山合宿に初参加。「トップ選手は演技力があり、ジャンプも高く、スピンの回転も速い」と広川選手。練習場所は柏崎アクアパーク、リージョンプラザ上越のほか、シーズンオフの6月からは仙台市のリンクまで通い、練習量をカバーした。

 先月末に八戸市で行われた東北・北海道フィギュアスケート選手権大会のノービスB女子で、通年練習ができる北海道勢が上位を占めた中で広川選手は3位に入り、全国切符を手にした。

(2009/10/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。