PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
スクールバンド演奏会力強く

 柏崎市・刈羽郡中学校吹奏楽連盟(会長・佐藤正人南中校長)が18日、南中でスクールバンド合同演奏会を開いた。各校が日ごろの練習成果を発揮し、息の合った音色を会場に響かせた。

 演奏会は、今年で33回目。開会のあいさつで佐藤会長は「生徒たちはこの1年間、コンクールや学校行事などで練習成果を発表して来た。吹奏楽が大好きな生徒たちの頑張っている姿、音を大いに楽しんでもらいたい」と述べた。

 また、小林市教育長は「吹奏楽の演奏を通し、元気、明るさ、感動を地域に振りまいてくれている。新市民会館ができるまで不便かと思うが、日ごろの練習で磨き、培った成果を学び合い、互いのものにしてほしい」と呼び掛けた。

 この日は、新型インフルエンザで不参加の二中を除き、出演の13校、約200人による合同演奏「サンライズマーチ」で幕を開けた。西関東吹奏楽コンクール連続出場の高柳中で締めくくるまで、各校がレパートリーを次々と披露し、吹奏楽の音色を校舎に響かせた。

(2009/10/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。