PHOTOニュース

青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)


原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)

>>過去記事一覧
柏崎原発6号機が営業運転再開

 中越沖地震で被災して点検・復旧を進めている東京電力柏崎刈羽原発で19日、6号機(改良型沸騰水型、出力135万6000キロワット)が営業運転を再開した。同地震後の全号機停止から、7号機に続いて2基目の営業運転となった。

 6号機は昨年末に制御棒位置表示設備の不具合で調整運転をいったん停止。今月6日に原子炉を再起動した後は、順調に発電を再開し、運転を続けてきた。18日から経済産業省原子力安全・保安院の総合負荷性能検査が行われ、19日夕、石垣宏毅・統括安全審査官が「技術基準に合致していることと、プラントが安定的に運転できていることを確認した」と講評。高橋明男・同原発所長に定期検査終了証を渡し、午後4時38分、6号機は営業運転に移行した。

(2010/ 1/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。