PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
みなとまち海浜公園湾内に大きな砂州

 みなとまち海浜公園の湾内で16日前後から砂州が大きくなってきた。隣接するシーユース雷音の堀憲一支配人によると「湾内に砂が付くのは毎年のことだが、こんなに砂州が大きくなったのは初めて」という。

 この砂州に対し、同湾でマリンスポーツを楽しんでいる柏崎マリンスポーツ連絡協議会の関係者は「今はオフシーズンだが、春先までには砂州を取り除いてもらわないと危険で利用できない」と憂慮。同協議会は柏崎サーフボード連盟、柏崎ヨット連盟、柏崎ライフセービングクラブ、マリスクラブ柏崎の4団体で構成され、シーユース雷音内に事務室と艇庫を置く。

 県柏崎地域振興局では「湾内が浅くなってきていることは認識しており、3月には深さを調査することになっている」と話す。風や潮流の関係で、たい積した砂は移動しやすいため、推移を見て適切な対処を検討したい考えだ。

(2010/ 1/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。