PHOTOニュース

豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)


感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)

>>過去記事一覧
「10年後の子ども像」教育を語る会

 市立教育センター(中山博迪所長)で6日、「柏崎の教育を語る会」が開かれた。同センターと柏崎青年会議所(JC、高橋武理事長)の主催。話題提供、ワークショップなどを通し、柏崎の子どもたちの将来像を熱く語り合った。

 語る会は、多様な立場、角度から「柏崎の教育」を語り合うことで、未来の柏崎、柏崎を支える子どもの教育のあり方を考え合う場とした。今年で8回目。今回はセンターが現在地に移転して10年になることや、2010年ということから10年後を見据え、「夢・展望〜10年後の柏崎の子どもたち〜」をテーマにした。

 会には、JC会員、市内小・中学校の教員、PTAなど約80人が集まった。話題提供では、小林教育長が柏崎市の教育の変遷を語ったのをはじめ、市学校教育課が小・中学生の学力・学習状況調査の結果、JCが一中で行った起業体験学習の成果などを披露した。続いて、参加者が8つのグループに分かれ、ひざを交えて話し合った。

(2010/ 2/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。