PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
東村山の学校給食関係者が来柏

 柏崎市の姉妹都市、東京・東村山市の学校給食関係者、米穀小売商の人たちが30日、柏崎を訪れ、柏崎農協や市の担当者と意見交換した。

 柏崎農協(今井長司・経営管理委員会会長)は1998年度から、東村山市の米穀小売商組合(木村雅亮組合長)の米穀店3軒の協力を得て、東村山の15小学校、7中学校の学校給食用米としてこしいぶきを年間100トン以上納入。また、稲の苗をすべての小学校にプレゼントし、児童が学校田やプランターで育てている。農協が5月に、東村山市内の小学校で田植えを指導。その際、教育委員会に柏崎の水田視察を要請していた。

 柏崎を訪れたのは、當間丈仁・教育委員会教育部次長、平島亨・同学務課長、小学校と中学校の給食栄養士、米穀小売商ら7人。午前は市役所で会田市長と懇談し、東村山側は学校田の様子や米飯給食の取り組み、給食展での柏崎米PR、姉妹都市米コシヒカリの販売などを紹介。市長は柏崎米の利用に感謝した。

(2010/ 7/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。